1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Life Stones01

 

■ Life Stones
順番に石を取っていって得点を競う対戦思考ゲーム。最後に1番得点が高かった人の勝ち。

 

順番に石を取っていって得点を競う対戦思考ゲームです。これはそのまんま「コロレット/Coloretto」ですね。Zoolorettoはコロレットを元に作られたゲームです。コロレットのルールはとても単純。でも非常に悩ましいゲームです。

 

Life Stones06 

 

 

これはとても単純なゲームです。石を順番に取っていき、最後に得点が高い人が勝ちです。

Life Stones08 

 

左にあるのが石です。右にあるのがその石を乗せる棚です。下には取った石が並んでいます。

石は棚からしか取ることは出来ません。1番上が自分の石、下の石が対戦相手の石です。右にあるのが得点です。左の葉っぱが順番です。

Life Stones02 Life Stones03

 

自分の順番でやることは

 

・石を1つ棚に乗せる

・棚の石を取る

 

この2つのどちらかだけです。簡単ですね。

これを繰り返し、得点が高い人が勝ちです。

 

まず、自分の番で「石を1つ棚に乗せる」をやってみましょう。左の石のところをタップすると色のついた石が出てきます。

Life Stones08 Life Stones09

 

「石を1つ棚に乗せる」では、石をどの棚にでも乗せることが出来ます。しかし1つの棚に乗せることが出来る石は3つまでです。乗せたい棚をタップします。今は1番上をタップしましたので茶色の石が1番上に乗りましたね。このときは石を乗せるを選びましたから石を取ることは出来ません。

これで自分の順番は終了です。

Life Stones04 Life Stones10

 

今度は「棚の石を取る」をやってみましょう。自分の番が来て、「石を1つ棚に乗せる」「棚の石を取る」のうち、「棚の石を取る」を選んだ場合は1つの棚に乗っている石をすべて取ることが出来ます。棚を取るときは、取りたい棚をタップします。

このとき、左の石を開いてしまったらダメです。取るときは開く前に取ってください。

Life Stones11 Life Stones05

 

棚から石を取りました。

自分が乗せた石は茶色で1番上の石です。他の3人のプレイヤーは「石を棚に乗せる」を選び、上から3つめの棚に、緑、紫、青の石を1つずつ乗せていきました。その棚を自分の順番で取った、というわけです。

棚に乗っている石はいくつでもかまいません。1つの石が乗った棚でもいいし、3つの石が乗った棚でも構いません。どの棚を取ろうが自由です。

棚を取ると、棚を取った人はそのターンから抜けます。「Skip」という文字が出ていますね。他のプレイヤーが全員棚を取り終わればまた復帰します。

Life Stones12

 

他のプレイヤーが順番に石を開いて棚に乗せていっています。上から3番目の棚はさきほど自分が取ったので薄くなっています。

Life Stones13 Life Stones14

 

全員が棚の石を取り終わりました。全員が取り終わるとまたこの行程を繰り返し、得点を競います。

Life Stones15 Life Stones16

 

さて、肝心の得点計算方法です。

石は7色あります。棚から取った石の分だけ下の石の個数が増えています。

得点は右の表のようになっています。石の数が1個なら1点、2個なら3点、3個なら6点、4個なら10点、5個なら15点、6個以上なら21点です。これは色の石ごとに計算されます。赤い石が1個あるなら1点。緑の石が2個あるなら3点、計4点という具合です。

 

「石をたくさん取った方が得点が高いなら、石が3つ乗った棚を取りまくればいいんじゃないか?」と考えると思いますが、そういうわけにもいかないのです。

ここがこのゲームの1番面白いところ。

実は色の石は、たくさん持っている3色まではプラスになり、それ以外はマイナスになってしまうのです。イヤらしいですね。

 

今1番上の自分が持っている石は、赤が2つ、緑が4つ、青が1つ、紫が3つ、黄色が4つ、茶色が2つ、青の「+2」が1つです。「+2」はこれは特殊な石でそのまま+2点になります。個数の点数計算にはなりません。

たくさん持ってる3色の石がプラスですから、緑が4つ=10点。黄色が4つ=10点。紫が3つ=6点。計26点。これがプラスの点です。

しかしそれ以外の石の得点はそのまま同じ点数だけマイナスです。赤が2つ=3点、青が1つ=1点、茶色が2つ=3点、計7点。

プラスの26点からマイナスの7点を引いて、19点。それに「+2」の青の石が1つで21点というわけです。

Life Stones40 Life Stones32

 

要するにうまく得点を上げるには、3種類だけの石をたくさん取ればいいということです。

上から3番目の人は5色で、上から2番目の人は7色の色を持っています。色が多いとマイナス点も多いので、上から2番目の人の得点が低くなってしまっています。

Life Stones39 Life Stones41

 

自分の順番で棚から石を取るときは、欲しい色の石があって、なおかつ欲しくない色の石が乗っていないほうがベストなわけです。でもそんなうまく自分の欲しい色の石だけが乗るわけがありません。ですから、いつ取るか、どこに乗せるか、というのが非常に重要になるんです。

Life Stones23 Life Stones24

 

「Last Round」という文字がでたらそのターンで終了です。終わったとき得点の1番高かった人が勝ちです。

Life Stones42 Life Stones43

 

例えばこんな場合、紫の石を開きました。どこに乗せましょう。自分が紫の石が欲しいのですが、でも上から2番目の人も欲しそうです。3番目の人はもう棚を取っているのでこのターンは参加できません。

ここで1番下の緑の石のところに乗せてしまうと一気に2つの欲しそうな石が取られてしまいます。ですから開いている棚に乗せてみましょう。

Life Stones33 

 

あ、やっぱり紫の石だけ持って行かれてしまいました。

こんな風に、開いた石は自分の次の人から取る権利が発生します。入らない石を取らせるように棚に乗せることも可能です。うまく石を取ったり、邪魔したりして得点を伸ばしましょう。

Life Stones34

 

オプションの「Scoring Method」で得点計算方法を変更することが出来ます。「Alternate」は3個以上取ると、逆に点が低くなってしまうという点数計算になります。

他のプレイヤーの正確なども設定することが出来ます。「Aggressive」だとドンドンと棚に石を乗せてきます。「Conservative」だと欲しいのが1つ乗っただけで棚を取っていきます。

「Selfish」は自分勝手、「Balanced」はバランスの取れた、「Vengeful」は攻撃的です。

Life Stones45 Life Stones46

 

2人対戦、3人対戦だと、乗せる石の個数などが変わります。

Life Stones48 Life Stones49

Life Stones37 Life Stones07

 

 

順番に石を取っていって得点を競う対戦思考ゲームです。最初は何のゲームかな、と思っていましたが、「コロレット/Coloretto」ですね。

 

Zoolorettoはコロレットを元にカードを動物に仕立てたゲームです。ゲーム進行はほとんど同じなのがわかると思います。同じように自分がやることは「取る」か「置く」のどちらかだけ。なのにこの面白さ。そこら中でジレンマが発生しています。

石を取れば石の数を増やすことは出来るけど、でもマイナスも増える危険があります。マイナスにならないように、欲しい石だけが1つ乗ったら、すかさず棚を取っていく。そうすると最終的に石の総数が足りなくて得点が伸びません。

石を棚に置いたそのときは石を取ることはできません。「おいしい」石を乗せると他の人に取られてしまう可能性が高くなります。

どこに石を乗せるか、どの棚を取るか、いつ取るか、非常にシビアなタイミングが重要になるゲームです。

 

このゲームはそのコロレットのフォロアーですね。違う点はジョーカーの石がないこと、自分でプラスの得点となる色の石を選べないこと、1回戦ごとで終わる点でしょうか。それ以外は石の色も綺麗だし雰囲気もいいし、得点も一緒、コロレットのヴァリアントルールの得点も同じ、2人用、3人用も一緒です。手軽に遊べるし、コロレットの楽しさは十分に再現できているのではないでしょうか。

HOMEで終わらせても、次に起動すればすぐ続きが遊べるのはとてもいいと思いました。

 

難点。全体的にとてもシンプルです。ちょっと説明不足なところがありますね。もうちょっとこう石の動きとか合っても良かったのではないかと思います。

得点ですが、1個なら1点、2個なら3点、3個なら6点とシャハトはよくこういう不思議な得点をつけます。別に難しくはなくて、1は1点。2は1+2で3点、3は1+2+3=6点、4は1+2+3+4=10点とまあこんな感じになっているわけです。でも覚えるのもなんですから、スコア表はゲーム画面に常時表示しておいてもよかったんじゃないかと思いますね。

CPUが弱すぎます。全員をAggressiveでVengefulにしても余裕で勝てます。まああまりめくる石のコントロールをされるのは好きではありませんが、それにしても弱すぎです。手はなんだかよくわかりません。ローカル対戦、ネット対戦が欲しいですね。

シャハトがちゃんとした完成度の高いコロレットを出してくれることを祈りつつ。

 

「コロレット」はミヒャエル・シャハトのサイトでオンライン版(PCサイト)を遊ぶことが出来ます。

実際のコロレットもAmazonや楽天で手に入れることが出来ます。簡単にだれでも遊べるので是非試してみてください。

 

石を集めて得点を競うゲームです。

 

 

     

    Life-Stones 

    対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / ForestKings

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    Life Stones
    AppStoreへ

     

  • Bird Snatch!
  • Skip-Bo
  • QUICK / COLLECT
  • Arcane Stones
  • Doodle God

Comments are closed.

PAGE TOP ↑