1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Glow Puzzle01

 

■ Glow Puzzle
 
一筆書きのように図形を光らせる完全思考型系パズル。全てのラインを光らせるとクリア。

 

一筆書きのように図形を光らせる完全思考型系パズルです。点をタップするとそこまでのラインが光ります。1度光らせたラインは2度光らせることは出来ません。全てのラインを光らせることが出来ればクリアです。

 

 

点の部分をタップするとそこまでのラインが光ります。

Glow Puzzle03 Glow Puzzle04

 

点は何回でもタップすることは出来ますが、ラインは1度しか光らせることが出来ます。

Glow Puzzle05 Glow Puzzle18

 

全てのラインを開かせることが出来ればクリアになります。

Glow Puzzle06 Glow Puzzle07

 

こんな風に最後に2つに分岐するような残し方はしないようにしましょう。

Glow Puzzle08 Glow Puzzle09

 

点は常にラインで繋がれた1番近い点を選ばなければいけません。離れた点を一気に選択することは出来ません。

Glow Puzzle11 Glow Puzzle12

 

点はどこからでも始めることが出来ます。

Glow Puzzle13 Glow Puzzle14

 

全てのラインを光らせることが出来ればクリアです。

Glow Puzzle16 Glow Puzzle20

Glow Puzzle22 Glow Puzzle24

Glow Puzzle23 Glow Puzzle02

 

 

一筆書きのようにして図形を光らせる完全思考型系パズルです。

ルールは簡単、ただの一筆書きですね。点の部分をタップして選択していきます。もちろんドラッグして線を引いていくタイプもいいのですが、タップして線を選択していくは簡単ですしネオンのように光っていくので綺麗です。

 

さて「一筆書き」を解くにはちょっとしたコツがあります。まず、一筆書きの点の部分から出ている線が奇数か偶数かというところを見ます。

例えば左の場合、右上と左下が3本出ていて奇数の線が繋がっている点が2つあります。右の場合、全ての点は偶数の線で繋がれています。

 Glow Puzzle03 Glow Puzzle25

 

 

実は一筆書きというのは、このように奇数の点が0か2でないと完成しません。

そして奇数の点が存在する場合は、その奇数のどちらかの点を必ず始点にします。奇数の点が存在しない場合は、どこから始めてもクリアできます。どんなに難しそうに見える問題でも、この始点の選択の部分さえ知っていればちゃんと解けます。

奇数の点が存在しない場合はどこから始めてもクリアできますので、一筆書きで詰まる大体の場合は、奇数の点が2つあるとき、始点の選択を間違えているからです。

 

こんな方法を使いながら問題をクリアしていきましょう。

 

問題は有料アドオンで追加することが出来ます。金額をよく確かめて購入してください。

 

難点。いくらネオンのように綺麗にしたところで基本はただの一筆書きですから、繰り返し遊ぶという類の者ではありません。1回解くとそこで終わりです。

 

 

ちょっとした息抜きに遊べるパズルです。

 

 

     

    Glow-Puzzle 

    完全思考型パズル
    価格 / ¥無料
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / Nexx Studio

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    Glow Puzzle
    AppStoreへ

     

  • Take It Easy!
  • Interlocked
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Puzzle 26 – The 7th Day
  • Clash Puzzle

Comments are closed.

PAGE TOP ↑