1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

LoopMaster01

 

■ LoopMaster
輪になるように線を繋げていくペンシルパズル。正しく線を引くことが出来ればクリア。

 

輪になるように線を繋げていくペンシルパズルです。線は全て繋がるように引いていきます。数字は周りに何本の線があるかを示しています。数字のないところは周りに何本の線があるかわかりません。線は交差・分岐をしません。全て正しく線を引くことが出来ればクリアです。

ニコリのスリザーリンクと同じですね。

 

 

画面には点と数字が書かれています。点と点を繋いで線を引いていきます。点の間をタップすると線を引くことが出来ます。線は完成したときに輪になるように繋がなければいけません。

LoopMaster03 LoopMaster04

 

線は分岐・交差をすることはありません。

LoopMaster05

 

数字は周囲にある線が何本あるかを示しています。

LoopMaster07 LoopMaster08

 

ただし線がどこにあるかまでは示していません。あくまで本数のみです。数字が書いていないマスの周囲には何本の線が入るかはわかりません。最終的に全ての線を1つの輪になるように繋げばクリアです。

LoopMaster11 LoopMaster12

 

ちょっと解いてみましょう。まずはゼロです。ゼロは周囲には線がないことを示しています。点と点の間を2回タップすると×を入力することが出来ます。

その次は下の3です。1辺が×で確定しましたので、残りの3本の線を引きます。

LoopMaster13 LoopMaster14

 

その隣の3です。下に線を引いてしまうと線が分岐をしてしまいます。ということは1番下は×で確定です。

LoopMaster15 LoopMaster16

 

1辺が×で確定しましたので残りの3本を引きます。

LoopMaster17

 

この部分も線が引かれてしまうと分岐してしまうことになります。よって×が確定します。線は繋がっていきますから、下から2の横まで線を引きます。

LoopMaster18 LoopMaster20

 

2の横にも分岐する線は引くことが出来ません。ですから×が確定します。2辺の×が確定したので残りの2辺の線が確定します。

LoopMaster21 LoopMaster22

 

そこから上に線を延ばすと、1のマスの周りの線が2本になってしまいます。ですから1の周囲の×が確定します。

LoopMaster23 LoopMaster24

 

隣のゼロの×と、線は全て繋がるというルールからここまで確定します。

LoopMaster25 LoopMaster26

 

左の2です。この端に線があると、次に線を延ばすことが出来なくなります。よってこの部分は×が確定します。

LoopMaster27 LoopMaster28 

 

2辺の×が確定したので残りの線を引きます。

LoopMaster29

 

この部分に線が引いてあると線は分岐をしてしまいます。よって×が確定します。

LoopMaster30 LoopMaster31

 

2辺の×が確定したので残りの2辺に線を引きます。

LoopMaster32

 

中央上の3です。2から1番上のところに線を引くと線が分岐してしまいます。よって×が確定しますので、残りの線を引きます。

LoopMaster33 LoopMaster34

 

こんな感じで「線は1つの輪になる」というルールと「数字は周囲の線の数である」というルールに則って線を繋げていきます。

LoopMaster35 LoopMaster36

LoopMaster41 LoopMaster43 

 

最終的にキチンと1本の輪になり、しかも数字の通りに正しく線を引くことが出来ればクリアになります。

LoopMaster46 LoopMaster48

 

7マスや10マスにすると難易度もぐんとあがります。

LoopMaster50 LoopMaster51

 

広いマスの場合は、右上のズームを使うと拡大して見ることが出来ます。

LoopMaster52 LoopMaster53

LoopMaster54 LoopMaster02

 

スリザーリンクのパズルには、こういう数字の配置ならこの線が確定するという「定理」といわれるものがあります。覚えておくと便利です。

例えば0と3が並んでいる場合はこのようなラインが確定します。3が並んでいる場合はこのラインが確定します。

LoopMaster56 LoopMaster58

 

ナナメの3の場合。

LoopMaster60 

 

あとは数字の点に進入する線の向きなどで出口の線が決まったりします。こういった定理はたくさんありますので、探してみてください。

LoopMaster66 LoopMaster67

 

 

輪になるように線を繋げていくペンシルパズルです。スリザーリンクですね。海外だとループザループ等と言われています。

 

このスリザーリンクというのは非常に面白いパズルです。初めての方でもロジックがすんなりと頭に入っていくるところが魅力ですね。数独よりもこっちの方が好きです。

 

このスリザーリンクはロジックできっちりと解くことが出来ます。が、実際のところはロジックだけではないのです。

先ほど手順を説明した場面でも、いくつかの場所でちゃんとしたロジックではないような線の引き方をしている部分があります。パズルの大前提として「輪になるように線を引く」というのがあるので、それならきっとこっちだろう、みたいな感じである程度の線の予想を頭の中で描きながら解いている感じなのです。そういう視覚的にもとらえながら解いていくのがとても面白いです。

 

スリザーリンクにはたくさんの「定理」が存在します。この数字の配置であればこの線が確定する、またはこちらの線が確定すれば、こちらの線が確定するというものまであります。

スリザーリンクに慣れてくると、ロジックというよりもこの定理を連続して当てはめながら解いていく感じになります。

これが解いていてブロックを当てはめているような面白い動きをすることがあります。そのあたりもこのパズルの魅力です。もちろん定理を知らなくてもちゃんと解けますよ。

 

ゲームの操作はニコリ本家のスリザーリンクのおためし問題[ニコリ](PC サイト)で遊べる問題とやりかたと一緒です。タップして線を引き、2回目のタップで×、もう1回タップで消えます。DSのようになぞって線を引くと言うことは出来ません。

 

問題数は結構収録されています。説明文には作者の名前が書いてありましたが、これだけの数の問題を作るとも思えないので、自動生成と合わせてって感じでしょうか。

ちなみにこのスリザーリンクも、問題の制作者によって全然遊び心地が違ってきてしまうパズルです。

難しくするのは簡単なんです。遊びやすくするのが難しいんです。

 

難点。問題の質は正直微妙。あんまり解き心地はよくない感じです。あと宿命とも言えますが、大きなマスになると画面が小さくてやってられません。これはDSのときもそうでした。しょうがないですね、これは。発売当初はLite版もあったのですが、なぜかStoreから消えました。また並ぶのを待ってからでもいいと思います。

 

線を引いていくロジックなパズルです。

 

 

     

    LoopMaster 

    ペンシルパズル / 完全思考型パズル
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / Hot Cocoa Games

    iPhone および iPod touch 互換
    iOS 4.0 以降が必要

     

    LoopMaster
    AppStoreへ

     

  • Nonograms Pro
  • Create A Mall
  • Tap Store
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Hidden in Time: Mirror Mirror

Comments are closed.

PAGE TOP ↑