1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Roll Through the Ages01

 

■ Roll Through the Ages
サイコロを振って文明を発展させるボードゲーム。得点が多い人が勝ち。

 

サイコロを振って文明を発展させるボードゲームです。Through the Ages – A Story of Civilization – という、かなり長い時間を掛けて遊ぶボードゲーム版のCivilizationみたいのがありまして、それを遊びやすくサイコロゲームにしたのが「Roll Through the Ages」です。デザイナーは「Pandemic/パンデミック」の「Matt Leacock/マット・リーコック」。2009年のGame100選で「ベストファミリーゲーム賞」を受賞しました。

Roll Through the Ages02

 

その「Roll Through the Ages」のiPhone/iPod touch版です。

 

 

まずは「New Game」を押してGame Optionsでこのゲームに名前をつけてからプレイヤー数を選びます。

Roll Through the Ages03 Roll Through the Ages06

 

ゲームスタートです。自分の手番では以下の順で進めます。

 

・サイコロを振って、物資や食料、コインなどを集める。

・都市やモニュメントを建設する。

・進歩を1つまで取得する

・物資を合計6以下になるまで破棄をする。

 

これを繰り返していきます。

 

これが自分の番で出来る項目です。上から「Roll/サイコロを振る」「Build/建設」「Buy Development/進歩」「End Turn/ターン終了」です。

Roll Through the Ages07

 

まずは「ダイスを振って、物資や食料、コインなどを集める」行程です。

Turn Orderで「Roll/サイコロを振る」を選び、サイコロを振ってみましょう。下のRollをタップします。するとサイコロが3つ振られます。

Roll Through the Ages14 Roll Through the Ages15

 

サイコロは自分の順番で2回まで振り直すことが出来ます。必要なサイコロは取っておいて、残りのサイコロを振り直せます。必要サイコロをタップしたら、また下のROLLをタップします。これでいいと思ったら、右下のFeedをタップします。

Roll Through the Ages16 Roll Through the Ages17

 

サイコロの目はこうなっています。出た目によって得られるものが違います。

Roll Through the Ages12

 

「食料2つ、または労働者2人」のサイコロの場合、サイコロ確定後に好きな方を選ぶことが出来ます。

Roll Through the Ages18 Roll Through the Ages19

 

ドクロマークはその数によって「災い」が起きます。これはサイコロ確定後に起きます。

 

サイコロが確定したとき

 

ドクロマーク1個だった場合は何も起きません。

ドクロマーク2個だった場合、「干ばつ」が起きます。自分が2点失います。

ドクロマーク3個だった場合、「疫病」が起きます。これは自分の対戦相手全員が3点失います。

ドクロマーク4個だった場合、「侵略」が起きます。自分が4点失います。

ドクロマーク5個以上だった場合、「反乱」が起きます。その手番で獲得したものと持っている全ての物資を失います。

 

ドクロマークのサイコロは振り直すことが出来ません。

Roll Through the Ages28 Roll Through the Ages133

 

とりあえず、サイコロを振ってこの状態で確定しました。食料3つに労働者3人、コイン7枚です。

Roll Through the Ages29 Roll Through the Ages30

 

左下の壺のマークをタップすると現在持っている物資と食料を見ることが出来ます。下から「食料」「木」「石」「壺」「布」「やじり」の順になっています。スタート時は食料は3つの位置あります。

Roll Through the Ages11

 

例えばサイコロを振って物資を2つ手に入れたとします。すると物資は木が1つと石が1つ手に入り、ペグが右側の穴に1つずつ移動します。

物資は木→石→壺→布→やじり→やじり→布→壺→石→木→木→石→壺・・・・の順で手に入ります。もし物資を5つ手に入れた場合は、木と石と壺と布とやじりを1つずつ手に入れるというわけです。

Roll Through the Ages23 Roll Through the Ages24

 

「サイコロを振って、物資や食料、コインなどを集める」行程が終われば、次は「都市やモニュメントを建設する」行程です。Turn Orderで「Build/建築」をタップします。

これが建築画面です。上にあるのが都市です。この都市の数だけサイコロを振ることが出来ます。下にあるのがモニュメントです。モニュメントを完成させると得点が入ります。

建築物は労働者で作ることが出来ます。

Roll Through the Ages20 Roll Through the Ages21

 

先ほど労働者3人のサイコロが出ましたから、建築物のどこか好きなところを3つチェックすることが出来ます。とりあえず「都市」を3つチェックしてみましょう。その場所を全てチェックすると完成です。これで「都市」が4つになりました。

Roll Through the Ages31 Roll Through the Ages32

 

これでこの回ではやることはなくなったのでEnd Turnを選択し、終了します。

Roll Through the Ages34 Roll Through the Ages35

 

次のターンです。先ほど都市を1つ建設しましたからサイコロが1つ増えて4つになりました。建設できる都市はあと3つもありますからどんどん建設すれば儲かりまくりますね!

Roll Through the Ages37

 

なんて、そんなに甘くはありません。実はサイコロ確定後に、都市には食糧を供給しなければならないからです。食料は都市1つにつき1個必要になります。

つまり都市が3個のときはサイコロは3個で食料が3つ必要です。都市を1つ建設すれば振ることの出来るサイコロは4つになりますが、毎回サイコロの確定後に食料が4つ必要になります。サイコロを振るときに最低でも4つの食料を確保しながらサイコロを振っていかなければならないのです。

Roll Through the Ages11 Roll Through the Ages25 

 

もし食料が足りなければ1つごとに-1点されていきます。

Roll Through the Ages38

 

建築では都市だけでなくモニュメントを建造することが出来ます。

都市同様、労働者の数で建築していきます。チェックが全て埋まると完成です。労働者3人で階段ピラミッドを作ってみました。1点獲得です。

各モニュメントの下にある数字は完成したときに得られる得点です。モニュメントの得点は早い者勝ちです。1番早く完成させた人が黒枠の中の数字の点を得ることが出来ます。2番目以降に完成した人はその右隣の点数しかもらうことが出来ません。

つまり今は、1番最初に階段ピラミッドを完成させましたから1点獲得です。次に他の人が階段ピラミッドを完成させても0点なので得点にならないのです。労働者が無駄にならないように注意しましょう。

この得点はゲーム終了時に加算されます。

Roll Through the Ages43 Roll Through the Ages44

 

建築の行程が済んだら、次は「進歩を1つまで取得する」行程です。

自分の手番では必要なコストを支払うことによって「進歩」を獲得することが出来ます。これは1回の手番で1つだけ獲得できます。

「Buy Development/進歩」をタップしてみると、それぞれの進歩を選ぶことが出来ます。

Roll Through the Ages45 Roll Through the Ages46

 

ここでIrrigation(灌漑)を獲得してみましょう。必要なコインは10で、得られる得点は2点です。灌漑はドクロマーク2つでおきる「干ばつ」を防ぐことが出来ます。

Roll Through the Ages47

 

コインは今7枚持っています。あと3枚足りませんね。そういうときは手持ちの物資を売ります。

Roll Through the Ages48

 

物資を売るとペグがある場所に書いてある数字分のコインを得ることが出来ます。食料の下の数は食料の数ですが、物資の下に書いてある数字は物資の数ではありません。売値です。

売りたい物資をタップします。とりあえず木を売りました。木下に書いてある数字は1ですから、上を見ると数字が7+1で8になっています。まだ足りませんね。

Roll Through the Ages49 

 

そこで石も売ります。石のところにあったペグに書いてある数字は2。つまり8+2=10で10コインになりました。これで「灌漑」の進歩を買うことが出来ます。右上のBuyをタップします。

Roll Through the Ages50 Roll Through the Ages51

 

「進歩」を獲得すると下に獲得した進歩が表示されています。そしてそれに応じた得点が入ります。

Roll Through the Ages53

 

例えばここでドクロマーク2つの干ばつが起きてしまいましたが、「灌漑」を獲得していたので得点は減りませんでした。「進歩」にはそれぞれ色んな効果があります。

Roll Through the Ages66 Roll Through the Ages67

 

「進歩を1つまで取得する」行程が終われば、ターン終了ですが、もし物資を合計7個以上持っていた場合は、「物資を合計6以下になるまで破棄をする」行程が入ります。

「DIscard/物資の破棄」をタップして物資を6個になるまで捨てなくてはいけません。

これが終われば全て終了です。

Roll Through the Ages68 Roll Through the Ages71

 

ここまでが1回の自分の手番で出来ることです。「End Turn/ターン終了」を選べばすぐに次のターンが始まります。

 

これを繰り返してプレイし

 

・1人のプレイヤーが5つの「進歩」を獲得している

・全てのモニュメントが1回以上完成している

 

この条件が満たされたターンで終了します。得点が集計され合計点が高い人が勝ちです。

 

なんにせよ、とりあえず食糧の確保です。ドクロマークは1つなら何の影響もない上に物資を2つ得られます。

Roll Through the Ages74 

 

労働者を集めて2つ目の都市と、ストーンサークルを完成させました。2点追加です。

Roll Through the Ages76

 

サイコロが5つになったのでどんどんと進歩を獲得していきますよ。でも食料不足には気をつけて。

Roll Through the Ages78 Roll Through the Ages79

 

6つめの都市を完成させてサイコロを6個に。大量の労働者を導入し「大ピラミッド」完成。12点獲得です。

Roll Through the Ages82 Roll Through the Ages84

 

1人用では10ラウンドのソリティアになります。合計得点をより高くするようにプレイします。結局26点しか貰えませんでした。

Roll Through the Ages85 Roll Through the Ages90

 

各「進歩」の日本語訳です。

Roll Through the Ages92 Roll Through the Ages94

 

Roll Through the Ages96 Roll Through the Ages98

 

Roll Through the Ages100 Roll Through the Ages102

 

Roll Through the Ages104 Roll Through the Ages106

 

Roll Through the Ages108 Roll Through the Ages110

 

Roll Through the Ages112

 

Roll Through the Ages114 Roll Through the Ages116

 

 

プレイは最初に設定するGame Optionでプレイ自体に名前をつけて保存することが出来ます。その下のPlayer OptionsでAdd Playerをタップして名前を入れていけば複数のプレイヤーで遊ぶことが出来ます。本体を交換してゲームすることが出来ます。

ちょっといいなと思ったのは2バイト文字の日本語が使えることですね。

ゲームはいくつも作ることが出来ます。Homeボタンを押して終了した場合でも、いつでも途中から始めることが出来ます。

Roll Through the Ages117 Roll Through the Ages127 

 

Game Optionの下にある「Late Bronze Age」はRoll Through the Ages のヴァリアントルール「後期青銅器時代」です。

以下の点が変更になっています。

 

ゲームの終了が

・全てのモニュメントが1回以上完成している

・誰かが「進歩」を7つ取得している

 

5つは短かかったので7つになっています。

Roll Through the Ages118

 

また新たな進歩が登場します。

Roll Through the Ages120 Roll Through the Ages124

Roll Through the Ages126

 

Roll Through the Ages122

 

「造船」を獲得すると船を造ることができます。

Roll Through the Ages128 Roll Through the Ages129

 

船は木と布を1つ使って買うことが出来ます。船があると毎手番ごとに自分の持っている物資を1つ、違う物資に交換することが出来ます。

Roll Through the Ages130 Roll Through the Ages131

 

そのほか各「進歩」でいくつかの変更点があります。

「医術」のコストが15→20、得点が3→4

「宗教」のコストが20→25、得点が6→7

「穀倉」食料1つで得られるコインが4→6に増加。

「帝国」のコストが60→70。

各モニュメントの各得点数の変更。

 

遊びやすくバランスが取れた状態になっていると思います。

 

1人で遊ぶ場合はソリティア(1人プレイ用ルール)になります。

 

・10ラウンドプレイし、高得点を目指す。

・「疫病」は自分に影響する。

・「宗教」が「反乱」の効果を防ぐ。

・ドクロマークのダイスでも振り直すことが出来る。

 

うまく分配して文明を発展させていきましょう!

Roll Through the Ages04 Roll Through the Ages05

 

 

「Roll Through the Ages」のiPhone/iPod touch版です。

元々のボードゲームでサイコロで拡大生産型のゲームをやってしまおうというところからすごい発想だったのですが、それをアプリとしてうまくまとめたという感じです。

サイコロを3回振ることが出来るのである程度のリスクマネージメントが出来ます。ただしドクロマークはその場で確定なので振ることにより危険も増えます。サイコロを3つ振ることが出来るのでどんどん得点が増えていくかと思いきや、全然得点が上がらないんですよね。特に「食料」が大事ですね。このマイナスが結構序盤で響いてしまいます。とにかく食糧の確保が1番です。

 

「都市を増やしてサイコロを増やすか」。しかしそうすれば必要食料も増えてしまいます。

「ならばモニュメントを1番乗りで作って得点を稼ぐか」。しかしそうすれば労働者にサイコロをさかなければならないので、物資とコインの獲得量が減ってしまいます。

 

「では早々と進歩狙いで物資とコインを集めていくか」。そんなにうまいことサイコロの目が出るわけが無いでしょう。おまけに食料分は確保しなければいけないので極めて細いルートです。

 

都市を建設してサイコロを増やし、少しずつ物資を増やしていきながら進歩を獲得していく。

でも、もたもたしてたら、他のプレイヤーにドクロ3つの疫病や、「宗教」とドクロ5つのコンボをやられて全物資を失ったら泣くに泣けません。進歩もたくさん取られたらあっさりとゲーム終了してしまうので注意しておかなければいけません。

でもいくら注意したところでサイコロが出なければ・・・どうすればいいんでしょう。

 

相手プレイヤーとの駆け引きなどはそんなにないのですが、サイコロの目で獲得した物資や労働者などをどのように使って文明を発展させるか?得点を上げていくか?プレイしていく最中に徐々に向かうべき方向が決まっていく感じが面白いですね。

 

ゲーム自体はとても軽くて操作しやすいです。

本来のボードゲームなら「サイコロを振って、物資や食料、コインなどを集める」と「都市やモニュメントを建設する」の間に「都市に食料を供給して、災いを受ける」という行程が入るのですが、ここは自動的にやってくれます。あとは得点計算を勝手にやってくれるのはやはり強みですね。

また場所を場所を選ばず遊べるのも嬉しいことです。

 

難点。もともとサイコロとペグと紙だけで遊ぶゲームですから、あっさりしたゲームであるともいえるのですが、これはゲームとしてあっさりしすぎています。サイコロを念を込めて振り一喜一憂するという、もっとも手に汗握るところが無いのですから、その他の部分での何か盛り上がりが欲しいところです。

右上には「建設」や「進歩」へ移動できるのですが、これもまちまちで表示されてよくわかりません。どうせなら全部表示して欲しいです。

あと他プレイヤーの状況は「OverView」で確認することが出来るのですが、ひとめでわからないのはこういうゲームではつらいです。進歩などもいちいち確認に行かなきゃいけないし、とにかく遊びづらいです。

なんていうかですね、ウェブサイト上でのゲームブックを遊んでる感じなんですよね。

サイコロもちゃんと転がしてください。過度に演出をしろとまではいいませんが、なにかもうちょっと盛り上げて欲しいです。

 

しかし、思い切りましたね。1人プレイはCPU戦なしです。ソリティアプレイのみです。せっかくならCPU戦ぐらい入れてください。

 

戦略と運で文明を発展させていくサイコロゲームです。

 

 

     

    Roll-Through-the-Ages 

    ボードゲーム / サイコロゲーム / ストラテジー / 対戦思考ゲーム
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.10
    開発 / Vintru, LLC

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iPhone OS 3.0 以降が必要

     

    Roll Through the Ages
    AppStoreへ

     

  • Agricola
  • Reiner Knizia’s Teocalli
  • National Geographic’s Plan It Green – The Game
  • Home Sweet Home
  • Battleline – A Reiner Knizia game

One Response to “Roll Through the Ages”

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Osafune(kikuichi@XB), puzzlelove. puzzlelove said: Roll Through the Ages サイコロを振って文明を発展させるボードゲームです。2009ファミリーゲーム賞受賞のRoll Through the Ages […]

PAGE TOP ↑