1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

lets catch the lion01

 

■ どうぶつしょうぎ
どうぶつのコマを交互に動かしていくボードゲーム。ライオンさんを捕まえると勝ち。

 

どうぶつのコマを交互に動かしていくボードゲームです。大人気の「どうぶつしょうぎ」のiPhone/iPod touch版です。

 

どうぶつのコマはそれぞれ動かし方が決まっています。動かした場所に相手のどうぶつのコマがあれば、そのどうぶつを捕まえることが出来ます。つかまえたどうぶつのコマは自分のコマとしてまた使うことが出来ます。これを繰り返し、相手のライオンさんを捕まえた方が勝ちです。

将棋を非常に簡単に遊びやすくしたゲームです。

 

 

これが盤面です。タテ4マス、ヨコ3マスの盤面です。将棋に比べるとすごく狭いですね。

lets catch the lion05 

 

それではどうぶつのコマの説明です。

 

これはライオンさん。将棋でいうところの王将です。このライオンさんを取り合います。

ライオンさんは周囲の8マスに移動することが出来ます。動かすことが出来る場所は、コマの絵の周りの赤い点で表示されています。わかりやすいですね。

lets catch the lion21

 

これはきりんさん。タテヨコに動かすことが出来ます。赤い点は上下左右についていますね。将棋の飛車やチェスのルークと同じですが、1度に1マスしか動かすことが出来ません。

lets catch the lion22

 

これはぞうさん。ナナメに動かすことが出来ます。赤い点は四隅についています。将棋の角行やチェスのビショップと同じですが、これも1度に1マスしか動かすことが出来ません。

lets catch the lion23

 

最後はひよこさん。1つ前に動かすことが出来ます。将棋の歩と同じですね。

lets catch the lion20

 

しかし、ひよこさんには1つ特殊なルールがあります。

相手の陣地の1番奥、雲や森の場所まで行くと、ひよこさんはにわとりさんになります。にわとりさんはナナメ後ろ以外の全ての場所に1つ進むことができます。将棋の金将と同じですね。大出世です。

lets catch the lion24 lets catch the lion25

 

自分が最初に持っているどうぶつのコマは4つだけ。コマを動かすには、動かしたいコマをタップしてから、動かしたい場所をタップします。

1つのマスにはどうぶつは2匹入ることが出来ません。そこに相手のどうぶつコマがあれば、そのどうぶつコマを取ることが出来ます。

lets catch the lion06 lets catch the lion07

 

どうぶつコマを1つ動かしたら、次は相手の番になります。パスはできません。相手もどうぶつコマを動かします。先ほど動かしたひよこさんをライオンさんに取られてしまいました。

lets catch the lion08

 

取った相手のどうぶつコマは、自分の番で好きな場所に置くことが出来ます。

lets catch the lion09 lets catch the lion10

 

ここで自分のライオンさんを右上に動かしたら相手のライオンさんに取られてしまうので、ここはきりんさんを前に進めてみます。

lets catch the lion11 lets catch the lion13

 

このきりんさんやひよこさんを相手のライオンさんが取ろうとすれば、その次にライオンさんが取られてしまうのでライオンさんは元の位置に戻りました。

lets catch the lion14

 

こんなことを繰り返して相手のライオンさんを取った方が勝ちです。

lets catch the lion28 lets catch the lion29

 

将棋とほとんど同じですね。いくつかの補足ルールがありますのでちょっと説明します。

ひよこさんは空や森の場所に行くとにわとりさんになります。しかし持ち駒のひよこさんを、にわとりさんとして置くことは出来ません。常にひよこさんで置くことになります。

lets catch the lion27

 

こんな状態のとき、相手のライオンさんがヨコに逃げたので、きりんさんもヨコに動かして追いかけました。するとライオンさんが中央に戻ったので、またきりんさんで追いかけました。これを繰り返していくと全然勝負がつきません。

こういうのを将棋では千日手といいます。どうぶつしょうぎではこういう同じ手が3回出てきたら引き分けになります。

lets catch the lion16 lets catch the lion15

 

将棋とはちょっと違うルールです。

将棋では同じタテ列に自分の歩を2つ置く「2歩」は反則ですが、どうぶつしょうぎの場合は2歩ならぬ「2ひよこ」はOKです。

lets catch the lion30

 

将棋では「行き場のない駒」を置くことは反則になっています。しかしどうぶつしょうぎでは「行き場のないひよこ打ち」もOKです。たとえばここにひよさんを置いても、進むことも戻ることもできないので意味はないんですけどね。

lets catch the lion31

 

将棋では相手の王を最後に歩で詰めてしまう「打ち歩詰め」というのは反則になっています。でもこのどうぶつしょうぎでは「打ちひよこ詰め」はOKです。

lets catch the lion32 lets catch the lion33

 

ライオンさんが相手の陣地(空や森)の場所まで行くと、相手のライオンさんを取らなくてもその時点で勝ちになります。

lets catch the lion34

lets catch the lion04 lets catch the lion03

 

 

ライオンさんを捕まえるボードゲームです。将棋をとても単純にわかりやすく、そして遊びやすくしたゲームです。

 

もともと「どうぶつしょうぎ」という商品があって、これは将棋の普及のために女流棋士の方々が考えたもので、現在もものすごく売れている商品です。 どうぶつのコマがかわいらしいし、コマの動き方も赤い点で表示されていたり、コマが少なくて手軽に出来たりするのがうけているようです。

このゲームはこの「どうぶつしょうぎ」のiPhone/iPod touch版になります。

lets catch the lion02

 

将棋やチェスをやったことのある人は、まずこのどうぶつしょうぎを見て「こんなせまい盤でちゃんとあそべるのか?」そう思うでしょう。

しかし、この「どうぶつしょうぎ」。あなどるなかれ、みくびるなかれ。たったこれだけのコマと盤でありながら、すごく戦略的で奥が深いんです。

将棋では当たり前のルールの「取ったどうぶつのコマを自分のコマとして使うことが出来る」というのが、このどうぶつしょうぎでも非常に効いています。

また盤自体が狭いということで、1手間違えたりすると攻守がめまぐるしく交代します。全体的にも攻め合いの要素が強いです。最初の配置からして、すでにひよこさんが頭をつきあわせている状態。「さあ、攻めあえ」といわんばかりです。

 

ひよこさんがにわとりさんになることと、「トライルール」といわれるライオンさんが相手陣地まで行くと勝ち、という要素も考えされられる要素です。逃げ回るだけでは負けてしまうので、結局はどうぶつのコマを取ったり取られたりを繰り返していかなければいけません。ライオンさんを取りにいくか、相手陣地まで進めるか、どちらを選ぶかで戦法も変わります。

取ったどうぶつコマを置くことでさらに複雑化し、手狭な盤が広くなったり狭くなったり、考え方や戦略が驚くほど豊富に出てくるんです。

 

行き場のない駒(ひよこさん)を置くことも反則ではありません。しかし進むことも戻ることも、にわとりさんになることもできないので無意味な手に思えますが、実はこれをやることで出来ることがあります。

それはパスです。

どうぶつしょうぎではパスはないのですが、この手を使うことでパスが出来ます。盤面が狭いのでこのパスをすると、チェスでいうところの「ツークツワンク(動かすと悪化する手)」を仕掛けることもできちゃうんですね。なかなかこの辺も奥深いです。

 

ゲームとしては、どうぶつコマを動かす位置がタップすることでさらに色分けされるのでわかりやすいです。

プレイは1Pvs2PとCPU対戦が選べますが、1Pvs2Pでは本体をテーブルに置いたりして、友達と普通にどうぶつのコマを動かして対戦できるので非常に便利です。本体を渡す必要もありません。その辺のファーストフードのお店とか電車の中でもどこでもちょっと遊べるというのがすごくいいと思います。本体を置いたり持ったりして向き合えばいいんですから。

 

定石とか必勝法などはどうも無さそうな感じですね。 78手で後手勝ちというのは確定しているようですが(「どうぶつしょうぎ」の完全解析)、それも互いに最善手を打ち合った場合ですし、そんなのは滅多に起きません。大体は40手くらいで決着がつく感じです。

 

 

難点。CPUがハッキリいって弱すぎです。レベルを選ぶことも出来ません。どうぶつのコマはドラッグして動かせた方が雰囲気があっていいと思います。

勝負が決まったとき勝敗の表示が出るのですが、よく意味がわかりません。盤面のヨコに出ている1P↑や2P↓が、攻めてる方が1Pなのか矢印の先が1Pなのかわからず、結局混乱したままでした。

勝敗が決まったあとどうぶつコマが不必要に動きます。まだ終わっていないのかとドキッとします。

せっかく低年齢層や初心者層のためのどうぶつしょうぎなのに、「投了」とか書いてわかるのでしょうか?

 

「勝敗表、勝率などの入力、表示モード」「棋譜再生モード」「順番を決める振りぴよこ」「各どうぶつしょうぎ大会の棋譜収録」などがあればもっといいですね。

 

そしてインターネット対戦が欲しいです。せっかくこういうツールのゲームなんですからこれができないともったいなさ過ぎです。

アップデートに期待です。

 

すぐわかる、すぐできる、すぐおわる、そして深い。とても楽しいゲームです。おすすめ。

 

 

この「どうぶつしょうぎ」は実際にお店で売っています。本屋さんでも売っています(1500円)。

以前はかなり品薄でしたが、今は普通に手にはいるようです。気になった人は購入して試してみてください。

 

LPSAオンラインショップ どうぶつしょうぎ(幻冬舎)

日本女子プロ将棋協会|LPSA|

 

1DAYトーナメント|日本女子プロ将棋協会: 第23回どうぶつしょうぎカップ

どうぶつしょうぎカップ棋譜 北尾-藤田

【動画中継録画】大盤解説等(UStream)

(すべてPCサイト)

 

 

     

    lets-catch-the-lion 

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / おすすめ
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / LIBLOG

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iPhone OS 3.1.3 以降が必要

     

    どうぶつしょうぎ
    AppStoreへ

     

  • 汝人狼也
  • San Juan
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Mr.Mの謀殺ルール:ビザンチウムからの暗殺者
  • どうぶつしょうぎ フレンズ 無料版

6 Responses to “どうぶつしょうぎ”

  1. […] This post was mentioned on Twitter by tonasa, puzzlelove. puzzlelove said: どうぶつしょうぎ どうぶつのコマを交互に動かしていくボードゲームです。ライオンさんを捕まえると勝ちです。大人気の「ど […]

  2. しまうま より:

    どうぶつしょうぎアプリをご紹介いただきありがとうございます。徐々にバージョンアップを進めておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

  3. Puzzle-App より:

    >しまうま さま
    早々にインターネット対戦機能、もしくはローカル対戦機能をつけたほうがよいかと思います。

  4. しまうま より:

    現在、ローカルの対戦機能装備を検討中です。8月中旬にちょっと大きなイベントを企画しており、そこに集まっていただいた方に対戦していただこうかと考えております。

    今後とも、どうぶつしょうぎアプリをよろしくお願いいたします。

  5. Puzzle-App より:

    >しまうま さま
    それは楽しみです。アップデートに期待しております。

  6. […] どうぶつしょうぎ | Puzzle-App.com […]

PAGE TOP ↑