1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Treasure Fleet01

 

■ Treasure Fleet
互いにカードを出し合い財宝を取り合っていくカードゲーム。1番たくさんの財宝を取った人が勝ち。

 

互いにカードを出し合って財宝を取っていくカードゲームです。カードを順番に出していき、全員が出し終わったとき1番数字の大きい人がその船の財宝を手に入れることが出来ます。これをカードが無くなるまで繰り返し、最後に合計が1番多い人が勝ちになります。

 

 

まずはキャラクター選択です。

Treasure Fleet02

 

WANTEDの部分をタップするとキャラクターを選択することが出来ます。名前部分をタップすれば名前を変更することも出来ます。

Treasure Fleet03

 

キャラクターの色と対戦相手の難易度を決めることが出来ます。

Treasure Fleet04

 

決めたらゲームスタートです。

ゲームは選択フェイズ、アタックフェイズ、獲得フェイズに分かれています。

まずは選択フェイズです。上にあるのが目標の船です。真ん中にあるのが自分のカードです。砲台の形をしていますね。この砲台を使って目標の船を襲撃してしまおうというわけです。

自分の砲台カードには数字が書かれています。数字の上にある赤い点はカードの枚数を示しています。つまり1のカードは2枚、2のカードは3枚、3のカードは4枚、4のカードは2枚、右側にあるのはキャプテンカード、左にあるのは嵐のカードです。

これは全てのプレイヤーが同じ数字を同じ枚数を持っています。

Treasure Fleet06

 

選択フェイズではこのカードの中から3枚を選んでドラッグし、下にある船に設置します。

Treasure Fleet05

 

とりあえず、4と3と1の砲台を設置しました。場所はどこでもかまいません。設置が終わったら右下の鐘をタップします。これで選択フェイズは終了です。

Treasure Fleet07

 

選択フェイズが終わるとアタックフェイズに入ります。ここから全員参加です。先ほど設置した3枚のカードを襲撃する船の前に順番に置いていきます。

Treasure Fleet08

 

プレイヤーが順番に船の前に置いていきます。置いたカードは下に設置した場所から無くなります。

Treasure Fleet09

 

1巡して全員が1枚ずつ砲台カードを置きました。見ての通り、置いたカードの数字が大きい方が上に並んでいます。1番上にある砲台のカードの持ち主がその船を捕まえることが出来ます。

Treasure Fleet11

 

次は2巡目です。またプレイヤーが順番通りに置いていきますが、ちょっと順番が変わります。

1巡目は青→茶→緑→赤の順で置きましたが、2巡目は1巡目に1番最初にプレイした青のプレイヤーが1番最後に回り、茶→緑→赤→青の順でプレイします。3巡目は緑→赤→青→茶の順です。

Treasure Fleet12

 

緑のプレイヤーが1番右の6の船の前にカードを出したので次は自分の番です。1と3の砲台カードが残っていましたので、先ほど出した22の船の前の、自分の4の砲台カードの場所に3の砲台を出してみます。

Treasure Fleet13

 

すると砲台の数が7になりました。このように船の前にある自分の砲台カードは全てまとめられた数字のカードになります。当然数字が増えれば順位も入れ替わります。

Treasure Fleet14

 

と!ここで青のプレイヤーが右の6の船に嵐のカードを出しました!

Treasure Fleet15

 

出された6の前の砲台は全て吹き飛んでしまいました。嵐のカードを出すとその船の前にあった砲台はすべて吹き飛んでしまいます。

Treasure Fleet16

 

3巡目です。残りは1の砲台だけです。ここで14の船の前に出してもとうてい勝つことは出来ません。22の船の前の7に追加してももったいないだけですね。6の船の前に出しておきましょう。

Treasure Fleet17

 

あ!茶のプレイヤーが22の船に嵐のカードを出してきました。せっかく7まで足した砲台も全て無くなってしまいました。3巡するとアタックフェイズが終了です。

Treasure Fleet18

 

アタックフェイズが終わると獲得フェイズです。各船の前で1番上にある砲台カードの持ち主が、その船の得点を得ることが出来ます。22の船の前は吹き飛ばされてしまったのでだれも獲得できず。14の船は緑のプレイヤーが獲得し14点。6の船はそれぞれ青のプレイヤーと自分が獲得し6点ずつです。これで獲得フェイズは終了です。

Treasure Fleet19

 

そしてまた選択フェイズになります。獲得する船の数字も変わります。先ほど使ったカードは復活しません。

Treasure Fleet20

 

今度は3と2とキャプテンカードを選んでみましょう。

Treasure Fleet21

 

自分の番が来たのでキャプテンカードを使ってみます。キャプテンカードは、何巡目であろうと出した瞬間にその船を獲得できます。最強のカードですね。ここに他のプレイヤーがいくらカードを出そうとも獲得することは出来ません。17点ゲットです。

Treasure Fleet22

 

青のプレイヤーもこの段階でキャプテンカードを出してきました。

Treasure Fleet23

 

すでに2つの船が取られてしまっているので、残りの16のカードを全員で取り合うという熾烈な展開になりました。

Treasure Fleet24

 

16の船の争奪戦の最中に緑のプレイヤーがキャプテンカードを出してきました。これで終了ですね。もう何を出しても取ることが出来ません。

Treasure Fleet25

 

みんな残りの船に置き出しました。

しかし実はこの船、幽霊船です。幽霊船は0点です。誰も幽霊船の前に砲台を置かなかった場合は、次のフェイズにも幽霊船が出てきます。幽霊船が出ると獲得できる船の数は3になるので、競争が厳しくなります。誰かが砲台カードを置くと幽霊船は次のフェイズには出てきません。幽霊船と嵐カードの有無はオプションで変えることが出来ます。

Treasure Fleet26

 

次の選択フェイズです。20という大きい船が出ていますね。嵐カードと2と4を選んでみましょう。

Treasure Fleet28

 

アタックフェイズ開始。先ほどのアタックフェイズで3人がキャプテンカードを出しました。残りの茶色のプレイヤーがここで20の船を取るためキャプテンカードを出してくると予想。のちのちのために4の砲台カードは取っておくとして、とりあえず9の船の前に2のカード置きます。14の船に2、4と出して攻めればいいのに意外とヘタレです。

Treasure Fleet29

 

やっぱり!キャプテンカードを出してきました。予想的中。

Treasure Fleet30

 

最後の4のカード。結局4を出してもどこも取ることが出来ない、という最悪のパターンです。嵐カードをキャプテンカードのところに出してみたけどダメでした。キャプテンカードは嵐カードにも勝つようです。

Treasure Fleet32

 

結局このフェイズは各得点数が0点でした。

Treasure Fleet33

 

最後の選択フェイズです。3と2と3の総力戦です。カードは1枚余ります。船もそこそこの点が揃っています。

Treasure Fleet34

 

アタックフェイズ開始。14、17はかなりの争いになると読んで12に3の砲台を置きます。そうです、ヘタレです。

Treasure Fleet35

 

う~ん、どうしましょう。誰も17の船にカードを置かないのが気になりますが。キャプテンカードは出そろったし、だれか嵐のカード持ってましたっけ?

Treasure Fleet36

 

またもや攻めず9の船に3のカードを置きます。ヘタレっぷりここに極まるといった感じです。これで9、12を取ることが出来れば+21で自分の23と足して44。トップの緑の44点に並びますね。

Treasure Fleet37

 

青が14に上乗せしてきました。青が今、31ですから+14で45点。逆転されてしまいます。

Treasure Fleet38

 

ここで残りの2の砲台カードを17に置いて漁夫の利を得ようと・・・。

Treasure Fleet39

 

しかしそこへ緑のプレイヤーの嵐カードが登場。14の船の前の砲台が全て吹き飛ばされます。17の前には茶色のプレイヤーに4を出されて取られてしまいました。そして茶色は29点+17で46点で逆転です。

Treasure Fleet41

 

これで全てのフェイズが終了です。

Treasure Fleet42

 

全てのフェイズが終了すると、最後の最後にボーナスがつきます。

先ほどの最後の選択フェイズでカードが1枚だけ余りました。あのカードの大きさによって最後の総督を捕まえることが出来ます。総督を捕まえると16点のボーナスです。

みんな1だけ残しましたが、茶色のプレイヤーだけが2を残して総督捕獲です。

Treasure Fleet43

 

合計得点です。茶色のプレイヤーの勝利です。

Treasure Fleet44

 

 

船を捕まえて得点を競うカードゲームです。

元々はスペイン製のカードゲームらしいのですが、ちょっと詳しいことはわかりません。

 

最初の選択フェイズで獲得できる船の点数を見ながら「ここは流そう」とか「絶対に取りにいこう」とか決めて砲台カードをセッティングするのが面白いですね。ただ取りにいこうとするのは、もちろん相手も一緒ですので、得点の高い船が並んだときは4、3の連発する激戦になることがあります。

それならばそのときに嵐カードやキャプテンカードを仕込んで、ムダカードを使わせ、次のフェイズに有利なカードを持ってくるなんていう戦法も出来ます。

全体の手持ちのカード枚数は同じですから、どのフェイズで攻め、守りをするかの見極めが大切ですね。

 

それで見極めたとしても、登場する船の点数はコントロールできないので次にいい点数の船が来るとも限りませんけどね。

 

アタックフェイズではちょっと変わった順番で回っていくのですが、このゲームの場合、先手の方が有利な場合(キャプテンカードなど)と後の方が有利な場合(嵐カードなど)が入り乱れているので、どのへんが有利と言えるかはその状態次第でなんともいえません。

ただキャプテンカードの先手必勝を除けば、後番のほうが戦況を見ることが出来る分有利でしょうか。だから順番が後ろに回るのかもしれませんね。

 

いろんなところで相手のカードの読み合いが出てきて面白いです。全てのカードをカウンティングして覚えておくことはムリですが、せめてキャプテンカードと嵐カードの有無くらいは覚えておいて、ここで出してくるかも?という想定を常にしておかないとムダカードを出すことになります。注意しましょう。

 

最後の総督ボーナスも結構重要です。しかしそこでいいカードを残せばアタックフェイズで勝てなくなる場合もあり、これまた注意が必要です。

 

3枚の砲台カードを得点の高い船に全て注ぎ込むか?しかし1ヵ所に注ぎ込んで、最後の最後にキャプテンカードや嵐カードでパーにされたらどうしようもありません。

まんべんなく砲台を設置しても、それぞれのプレイヤーが1点集中で来られたら、これもまた一切財宝を取ることが出来なくなります。だからといって4、3の砲台カードばかり使うと2、1が残って、得点の高い船が揃ったときのに勝負できるカードがない状態になります。

砲台の数が同じ場合は誰も財宝を得ることが出来なくなります。そういう邪魔することも可能です。

 

色んな、それもかなり微妙なラインでのカードの読み合いがあって面白いです。

 

BGMは壮大な感じでちょっといいですね。操作性は、基本的にドラッグするだけですので悪くないです。

 

難点。CPUの難易度が一応選べるようなのですが、最高にしても弱すぎます。もっと強くしていただきたいです。

カードゲームですから仕方ありませんが、あっさり終わるのでボリューム感が足りない感じを受けます。

プレイヤー選択画面で、CPU、bluetooth、Wi-Fi、インターネットと選べるように表示されていますが、今現在ではCPUしか選択することが出来ません。アップデートに期待しましょう。やっぱりこういうのは人間対人間の対戦が面白いですからオンラインで遊べたら最高ですね。

 

1プレイは約5分程度。

 

ルールは簡単ですが、相手のカードの探り合いが面白いゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Treasure-Fleet 

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / おすすめ
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.1
    開発 / Ship of Fools Games

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iPhone OS 3.0 以降が必要

     

    Treasure Fleet
    AppStoreへ

     

  • Treasure Seekers 2: The Enchanted Canvases
  • Mummys Treasure
  • Gnome’s Treasure
  • Star Realms
  • Bohnanza

Comments are closed.

PAGE TOP ↑