1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Quespile01

 

■ Quespile ケスパイル
カードを重ねて消していくアクションパズル。40枚のカードで高得点を狙う。

 

カードを重ねて消していくアクションパズルです。カードは40枚でこれを場に重ねて置いていきます。置く場所は6ヵ所で、置き方によってカードがマッチして消えます。その置き方でそれぞれ得点が入ります。連鎖して消えるときは得点の倍率が変わります。高得点を狙ってカードを置いていきます。

 

 

下にある40枚のカードを上から順番に場に置いていきます。カードはドラッグして置くことも出来ますし、場所をタップして置くことも出来ます。

Quespile02 Quespile03

 

同じカードが2枚重なるとマッチして消え、1点入ります。

Quespile04 Quespile05

 

同じカードが横に3枚揃うと30点入ります。

Quespile06 Quespile07

 

同じカードが2x2で揃うと100点入ります。

Quespile18 Quespile19

 

カードは1つの場所に3枚までしか重ねることが出来ません。4枚目を置くと1番下のカードが消えます。

Quespile10 Quespile11

 

カードは1番上に表示されているものがマッチする対象です。それを利用して連鎖させることが出来ます。

Quespile12 Quespile13

 

人のマークのカードが消えたあと、上の列の青いカードが3枚揃って消え、最後に2×2のネコのカードが消えます。連鎖する回数によって得点の倍率がx2されていきます。3連鎖だとx1→x2→x4で最後の2×2は100×4の400点になります。

Quespile14 Quespile15 

 

カードが無くなったときの得点を競います。

Quespile16 Quespile17

 

 

カードを重ねて消していくアクションパズルです。

カードをマッチして得点を重ねる。しかもそこに連鎖も組み込めるというところが面白いですね。制限時間などはありませんので、じっくりと考えて配置していきましょう。

山札のカードが5枚見えていますのでなるべく無駄なカードが出ないように読み切って置いていきましょう。2枚重ねでは1点にしかならないので、なるべく2×2でマッチさせていくことがコツでしょう。

 

置ける場所6ヵ所と少ないので、連鎖を組み込んでいる最中のジレンマがいいですね。

 

難点。やはりBGMがないと寂しいです。ゲームとしてはとても面白いのに、盛り上がりに欠けます。置く場所が6ヵ所しかないので組み込める連鎖が限られるし、連鎖というのは組み込めるところももちろんですが、思いもよらないところで連鎖が始まっていくのが楽しいわけで、このゲームではそういうものはめったに起こりません。

上から見て連鎖を組み込むというのはなかなか面白いと思うのですが、あまり受けは良くないようです。bitFlipも真上から見たタイプだったのだけれど、あまり売れてないみたいです。

 

連鎖を狙うのが楽しいパズルです。

 

 

     

    Quespile 

    アクションパズル
    価格 / ¥無料
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Serialgames Inc.

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iPhone OS 3.0 以降が必要

     

    Quespile ケスパイル
    AppStoreへ

     

  • bitFlip
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • San Juan
  • Mr.Mの謀殺ルール:ビザンチウムからの暗殺者
  • A Fistful of Penguins

Comments are closed.

PAGE TOP ↑