1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Peggle01

 

■ Peggle 
球を発射するアクションパズル。赤いペグを全て消すとクリア。

 

球を発射するアクションパズルです。上から球を発射します。ドラッグして発射する方向を決めてから球を落とします。画面内のペグに球が当たると、ペグは消えます。赤い色のペグを全て消すとクリアです。

 

 

Peggle03

 

画面の上にはキャラクターがいます。その下から球を発射します。1回のステージで発射できる球の数は基本的に10個です。

Peggle05

 

画面を指でスライドさせると発射する方向を選ぶことが出来ます。右側にあるギアを動かしても方向を変えることが出来ます。

Peggle06

 

発射する方向が決まったら、右上の「Fire」を押して球を発射します。やることはこれだけです。

Peggle07

 

球はペグに当たり跳ね返りながら下に落ちていきます。球に当たったペグは光ります。下にある穴は常に左右に動いていて、球がこの中に落ちると発射できる球が1個増えます。

Peggle08

 

球が当たったペグは次の球を発射する前に消えます。

Peggle09

 

画面をダブルタップするとズームアップです。発射する方向の微調整が出来ます。

Peggle10

 

左にある球が無くなる前に画面内の赤いペグに全て当てるとクリアです。

Peggle11

 

最後の1つにあたるときはズームアップされスローモーションになります。

Peggle13

 

当たった瞬間、派手なエフェクトとともに「歓喜の歌」が流れます。

Peggle14

 

最後に得点が表示されクリアです。

Peggle12

 

緑のペグがマジックペグです。当てるとキャラクタ固有の能力が発動します。これは周囲のペグを消すことが出来ます。

Peggle17

 

このキャラクタの場合は下の穴の横が伸びて球が落ちにくくなります。

Peggle16

 

これはオバケですね。下に落ちた球がまた上から落ちてきます。

Peggle18

 

このキャラクタはマジックペグに当たったらルーレット開始。ランダムで能力発動です。

Peggle25

 

これは右下と左下にピンボールのようにフリッパーがでます。画面をタップして動かすことが出来ます。

Peggle26

 

1番好きなステージ。キャラはヒマワリ。このクマはなんですしょうか。真ん中の輪は流れていきます。

Peggle19

 

マジックペグに当たると周囲の赤いペグに花が咲いて消えます。

Peggle20

 

色んなステージがあります。

Peggle24

Peggle27

Peggle28

Peggle29

Peggle30

 

球が無くなってしまい、赤いペグを消すことが出来なくなったらゲームオーバーです。

Peggle34

Peggle35

Peggle36

 

このステージは外にはじかれたらもう終わりですね。真ん中当たりにうまく落とすのが難しかしいです。

Peggle37

Peggle38

Peggle33

 

クイックプレイモードでは1度クリアしたステージを遊ぶことが出来ます。これは対戦モード。交互に打って得点の高い方が勝ちです。

Peggle31

Peggle32

 

オプションには色覚異常の人用の「Colorbind mode」がついています。

Peggle21

 

ONにするとマジックペグなどに模様がつきます。

Peggle22

Peggle23

 

Peggle04

 

 

やることは発射する方角を決めるだけ。後は発射して赤いペグに当てればクリア、という単純明快なゲームです。

 

発射した球の跳ね返りの予測はせいぜい2クッションまで。そこから先は完全に運の世界です。球を6発残してクリアできてしまうときもあれば、いくらやってもクリアできないこともあります。しかも赤いペグはステージが始まるときにランダムで配置されますので、攻略の立てようもありません。

多種多様なステージ、キャラクタによって違うマジックペグ能力。最後のペグが当たったときは歓喜の歌が流れるという、なんとも楽しいゲームです。

 

しかし、チャレンジモードになるとそれが一変します。一定の得点を稼がないといけなかったり、ペグを全部消さないといけなかったり、いままでは運の部分が面白かったりしたのですが、今度はその運の部分がどうしようもなく歯がゆくなります。チャレンジモードの全クリアは相当難しいでしょう。

 

 

コツは最初の1クッション、2クッションでとにかく赤ペグを必ず当てること。ムダ球が一番痛いです。そこから先は、自分でどうこうできるようなゲームではないので何ともいえません。

 

音楽はiPodの音楽を掛けてから起動させれば、好きな音楽でプレイできます。

 

 

難点。モードの充実、演出、グラフィック、手軽さ、面白さ。ゲーム自体の完成度は素晴らしいです。しかし、これが最大の難点ですが「合わない人には全く合わない」ということです。やることは発射角度を決めて球を落とすだけで、あとは見ているだけですから。

 

そこで、どこがいったい面白いのか?と考えてみますと、実はこの「Peggle」、ときどきビックリするような球の跳ねかたをします。下で左右に動いてる穴がいい味を出していて、これに球が当たって跳ね返ったりすることが多いです。

まさに奇跡ともいえるような球の跳ね当たり方をするので、それを見たときにものすごく快感があります。

海外の面白ビデオとかで、壁に当たってゴールしちゃったとか、ボウリングで投げたら隣のレーンまで球が転がってストライクになっちゃったとか、どこかにスポッと入っちゃったとかありますよね。あんなのを見ている感じです。

思わず「おぉぉぉ」と言ってしまうような。

 

でもそれは狙って出来るものでもないし、いつ起きるかわかりません。そして2度と球がその軌道を通ることはないでしょう。

面白いと思えるところはこういうところで、それが見たいがためにプレイをする、という感じです。

ただ、このゲームではその奇跡が起きやすくなっている気はしますね。

 

連鎖していくと音が高くなったり、遠くのペグに当たると得点が加算されたり、左右に動く穴にスポッと入ったり(これがまたちょっとラッキーな気分になるんですよ)、そういうものを楽しめるようにいろんな演出を凝らしてあるんだと思います。

そのかわり自分で操作をできる部分は極めて少ないので、それがつまらないという人には合いません。

 

 

スーパーショットよりラッキーショット。そんないつか起きる奇跡を楽しむゲームです。

 

 

     

    Peggle 

    アクションパズル / カジュアルゲーム / 発射系 
    価格 / ¥360
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / PopCap Games, Inc.

    iPhone および iPod touch 互換
    iPhone OS 2.1 以降が必要

     

    Peggle
    AppStoreへ

     

 

 

  • Colorbind
  • Coin Drop!
  • English Country Tune
  • Chuzzle
  • Puzzlejuice

Comments are closed.

PAGE TOP ↑