1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Hive01

 

■ Hive
六角形の虫のコマを使って相手の女王蜂を追い詰めるボードゲームです。女王蜂を囲めば勝ち。

 

六角形の虫のコマを使って相手の女王蜂を追い詰めるボードゲームです。順番にコマを置いたり動かしたりして女王蜂を囲めば勝ちです。

 

自分の番で出来ることは

 

コマを配置すること

コマを移動すること

 

だけです。

 

手持ちのコマは

 

「女王蜂」1個。

「クワガタ」2個。

「バッタ」3個。

「クモ」2個。

「アリ」3個。

 

です。

 

 

互いに手持ちのコマを置いたり動かしたりしながら、最終的に相手の女王蜂を囲むと勝ちになります。女王蜂を囲むのは自分のコマ、相手のコマどちらでも構いません。
Hive03 Hive70

 

 

ゲームスタートです。白が先手です。第1手目は白番が必ず置きます。コマはどれでも構いません。下から置きたいコマを選んでタップして、置きたい場所をタップ、それから「DONE」をタップすれば置くことが出来ます。

 

次の黒番は白番が置いたコマに必ず隣接させなければいけません。
Hive09

 

第2手は必ず自分のコマだけに隣接するように置かなければいけません。相手のコマに接する場所には置けません。これはゲーム中にコマを配置する場合も自分のコマだけに隣接する位置にしか置くことは出来ません。
Hive10 Hive11

 

そして「女王蜂」です。「女王蜂」は自分の4手目までに必ず置かなくてはいけません。
Hive12 Hive13

 

「女王蜂」を置いたら次の手からは置いたコマを移動させることが出来るようになります。
Hive14

 

 

それでは各コマの動かし方を説明します。

 

まずは「アリ」です。「アリ」はコマの周りならどこでも移動が出来ます。ただし移動できない場所もあります。あとで説明します。
Hive04 Hive16

 

「バッタ」です。「バッタ」は直線で連続してるコマを飛び越えた空いてるマスまで移動することが出来ます。
Hive05 Hive18

 

「クモ」です。「クモ」は他のコマの周りを3マス移動することが出来ます。2マスや1マスはダメです。ピッタリ3マスです。
Hive06 Hive19

 

コマの回りに沿って3マス移動します。
Hive20

 

「クワガタ」です。「クワガタ」はコマの周りを1マス移動することが出来ます。そして「クワガタ」は他のコマの上に乗ることが出来ます。乗られたコマは動かすことが出来なくなります。
Hive07 Hive21

 

他のコマに乗るというのはまさしくこういう状態です。
Hive22

 

最後に「女王蜂」です。ボスですね。
Hive08

 

「女王蜂」はコマの周りを1マスだけ移動することができます。
Hive23 Hive24

 

 

コマの動かし方には最も重要な2つのルールがあります。

 

まずは「ひとつのHive(巣)」というルールです。コマが固まっている状態を「巣」と言います。コマは全て繋がっているひとつの巣の状態でなくてはいけません。コマを動かして巣が分断されるような移動はできません。

 

例えばここでは白のコマも黒のコマも含めて全てのコマがくっついていますね。この状態でいなければいけないということです。
ここで動かすことの出来るコマは、白は「クワガタ」と「女王蜂」。黒は「バッタ」です。
白の「アリ」を動かすと「クワガタ」だけ離れてしまいますね。そんなように巣が分断する状態が起きるコマは動かせないのです。
Hive25

 

 

いくつかコマを追加しました。この状態で動かすことが出来るコマは、白は「クワガタ」と「クモ」。黒は「クワガタ」のみです。
Hive26

 

 

もう1つはスライド移動の制限です。「クワガタ」と「バッタ」以外のコマは盤の上をスライドさせて移動します。移動させるときに他のコマを動かさないと行けない場所へは動かすことは出来ません。
これが先ほどの「アリ」のところで書いた「動かせない場所」です。

 

今、1番下の「アリ」を移動させようとしているのですが、白く抜けている場所は他のコマを動かさないといけませんので移動できません。
もともとHiveはボードゲームですのでテーブルの上で遊びます。テーブルの上をコマを滑らせて移動させていきますからこのようなルールがあります。
Hive71

 

 

適当にやっていてもなにがなんだかわからないと思うので、いくつかの戦術をご紹介します。

自分の「女王蜂」を置いてから「アリ」を置きます。
Hive27

 

次の自分の番で「アリ」を一気に相手の「女王蜂」の隣へ移動します。これで「1つの巣」のルールによって、相手の「女王蜂」はもうどこへも動かすことが出来なくなりました。このように「1つの巣」のルールで相手のコマを封じることが出来ます。
Hive28 Hive29

 

封じられた状態から「女王蜂」を動かすには、こうやって白の「アリ」と巣をくっつけなければいけません。そうやってやっと「女王蜂」は動くことが出来ます。
Hive30 Hive31

 

 

「女王蜂」の動きを封じます。コマは1マスずつ開けて3方向を押さえると身動きが取れなくなります。
Hive38 Hive39

 

 

「クモ」など遠距離に進めるコマの活用です。今自分の「女王蜂」はかなり危険な状態です。黒の1番右の「アリ」が一気に移動してくるとあと1手で詰んでしまいます。
Hive40 Hive41

 

そこで「クモ」を移動させて先に「アリ」の動きを封じます。すると「1つの巣」ルールによって「アリ」は動かすことができなくなります。
Hive42 Hive43

 

 

次は詰めの戦術です。
まず相手の「女王蜂」の横に「クワガタ」を移動させてから、相手の「女王蜂」の上に乗ってしまいます。
Hive32 Hive33

 

これで相手の「女王蜂」は身動きが一切取れなくなります。
Hive34

 

相手の上に乗ると上に乗った「クワガタ」の隣に自分のコマをいきなり置くことが出来るようになります。相手のコマに隣接する場所は置けませんが、今は「クワガタ」の隣ですからね。どんどんと「女王蜂」の周りに置いていきます。
Hive35 Hive36

 

最後の1つ。ここへ上に乗った「クワガタ」をおろします。これで詰みです。
Hive37

 

 

拡張ルールとして「モスキート」を追加することが出来ます。
Hive45

 

「モスキート」は隣接するコマの移動能力を模倣することが出来ます。これは「クモ」の隣にいるので「クモ」の3マス移動する能力を模倣して移動できます。
Hive47 Hive48

 

「クワガタ」に隣接すれば「クワガタ」の移動能力を。もちろんコマの上に乗ることも出来ます。
「クワガタ」と「バッタ」に隣接していれば両方の移動能力を模倣します。直線も進めるし上にも乗れます。
Hive49 Hive50

 

そこに「アリ」が隣接すれば、さらにこんなにたくさん移動できます。なかなか強力ですね。
Hive51

 

 

ボードをダブルタップでズームです。
Hive52

 

画面の両端を2本の指でマルチタップして下から上に動かすと視点変更です。マルチタップしてドラッグすると画面の回転です。
Hive53 Hive54

 

コマのテーマを変えることも出来ます。
Hive64 Hive66

 

Hive65 Hive02

Hive44

 

 

注意手です。初手で「女王蜂」を出してしまうと相手も「女王蜂」を隣接してきます。
Hive67

 

そうするとやり方にもよりますが、最後に同時に詰む状態になってしまいます。同時に互いの「女王蜂」が詰んだ場合は引き分けです。千日手も引き分けになります。注意です。
Hive68 Hive69

 

 

こういうゲームはアブストラクトゲームと言われています。

「全ての情報が公開されている」「お互いのコマの優劣がない」「運が関与しない」というものがアブストラクトゲームと言われています。

オセロとか囲碁とか将棋、チェスなんかもそうでしょうか。

 

要するに勝敗の行方はプレイヤー次第ということです。

 

このHiveはやってみるとわかりますが、コマを配置するところがかなり限られていて、さらに動かすことが出来るコマも少ないです。

ということは逆に相手も使えるコマは少なく、それゆえ先読みしやすいとも言えます。

 

いかに自分の「女王蜂」の自由を確保するか?そして相手のコマの自由をいかに封じるか?ということが凄く重要です。

 

そしてこの手のゲームは無用なくだらない手を打つ確率が高いです。そういう手を打ったら負けます。

 

 

強いコマは遠距離移動のできる「アリ」と決定的な力を持つ「クワガタ」です。

しかし序盤に「アリ」を出してしまうと相手に封じられてしまいます。

かといって終盤に出しても最前線にいけず意味が無くなってしまいます。

このあたりの配置のタイミングが難しいですね。

 

「アリ」で一気に遠距離移動してから「クワガタ」をつけて捕獲、とか

女王蜂のとなりに「クワガタ」を置いて逃げ道を確保したり、色々と戦術を練ることが出来ます。

「バッタ」と「クワガタ」は最後の詰めで使ってみたり、「アリ」や「クモ」でとにかく相手のコマを封じてみたり。

色んな戦術がとれます。

 

 

難点はCPUが弱い。最高でも弱い。P2Pで友達と対戦した方がいいかもしれません。

 

プレイ時間は10分から20分くらい。

 

もともとボードゲームでお店で売ってますので興味が出た人は探して買ってみてください。 紙で作って遊ぶことも出来ますよ。

 

 

コマは少ないですか戦術がものをいう、頭脳型アブストラクトゲームです。おすすめ!

 

 

Hive (公式)(PCサイト)

 

 

     

    Hive 

    ボードゲーム / ストラテジー / 対戦思考ゲーム / おすすめ
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.11
    開発 / LotusLand Studios Inc.

    iPhone および iPod touch 互換
    iPhone OS 2.2.1 以降が必要

     

    Hive
    AppStoreへ

     

  • Army of Frogs
  • Star Realms
  • Put Us Together
  • For The Win
  • Bad Apples

4 Responses to “Hive”

  1. J より:

    始めましていつも楽しく拝見させて頂いてます。
    このHIVE 楽しそうだなと思いダウンロードしようとしたら日本のAppStoreでは取り扱いしていないらしいです。
    ちょっと残念でした。

  2. Puzzle-App より:

    >J さま
    はじめまして!

    Hiveは半年ほど前に権利関係でトラブったのかなにかわかりませんが、appstoreから撤去されてしまったみたいです。
    でもHiveはデベロッパを変更してまた復活するようです。ただiOS5.0以上で準備しているっぽいですね。iOS5.0ではターンベース型の非同期オンライン対戦のGameCenterが装備されるようなので、オンライン対戦がついて再発売されるのではないかと思います。
    ですからAppStoreに並ぶのは早くてもiOS5.0発表以後ではないでしょうか。

    もしあれでしたらHiveそのまんまのHantoというのもありますので試してみてはいかがでしょうか?

    Hanto: Free Amazing Hex Board Game
    http://itunes.apple.com/jp/app/hanto-free-amazing-hex-board/id407653571?mt=8

  3. J より:

    おぉHANTOよさげですね!!
    しかも無料とは試してみるには最適ですね
    絵柄はHiveの方が好みなんで復活したら買いたいですね
    復活した際には又記事で取り上げて下さい

    結構ここのサイトで紹介されたもの購入する事が多いので
    レビューすごく助かってます
    応援してます

  4. Puzzle-App より:

    >J さま
    Hantoはグラフィックが違うだけで内容はHiveと同じようなものですから、十分に楽しめるのではないかと思います。 変な日本語があれですけども。
    早く復活してほしいですね。

    またぜひお越しください。

PAGE TOP ↑