1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne01

 

カードを並べて領地を取り合う、駆け引き勝負のクニツィアの対戦カードゲーム

互いにカードを出し合い領地を取り合うボードゲームです。Reiner Kniziaの名作「タブラ・ラサ」というカードゲームのiPhone / iPod touch版です。

「Tabulra Rasa(タブラ・ラサ)」を英語でリメイクしたのが「Knights of Charlemagne(シャルルマーニュの騎士)」。それをiPhone / iPod touchアプリにしたのがこのゲームというわけです。

 

画面中央に10個の領地が並んでいます。互いに騎士カードを出し合い、それぞれの領地で相手より多く騎士カードを並べた方が勝利しその領地を取ることができます。極めて単純なルールです。

 

しかし、騎士カードは領地に置くには条件があります。

同じ色か同じ数字の領地にしか出すことは出来ません。

 

手札は開いている騎士カードが8枚、山に16枚の計24枚で競います。

 

さてルールは簡単ですが、得点計算がちょっと理解しにくいので先に説明しておきます。

 

騎士カードが置いてあるか無いかで得点が多少違います。

 

▼領地に置いてある互いの騎士カードが「騎士カード>騎士カード」のとき
・「騎士カードを相手より多く出して領地を取った場合」
領地を取ったことになり、色がついてる領地は「5点」
数字の書かれている無色の中立の領地は、それぞれ「その数値の得点」
・「騎士カードを置いたが領地を取られた場合」
その領地の財宝を取ったことになり「1点」(色のついている領地、無色の領地とも)
・「騎士カードをまったく置かないで領地を取られた場合」
得点なし。
▼領地に置いてある互いの騎士カードが「騎士カード=騎士カード」のとき
・互いにその領地の財宝を分け合うことになり双方とも1点ずつ。
▼領地にどちらも騎士カードを置いていない場合
・両方とも「0点」

 

ちょっとややこしいですが、流れの中で説明しましょう。

 

ゲームスタートです。手元に8枚。山に16枚あります。場には領地があります。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne02

 

ピンクの1の騎士カードをタップします。すると置くことが出来る領地が表示されます。同じピンクの領地か、無色の1の中立の領地のどちらかです。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne03

 

ピンクの領地に置きました。置いた場合、騎士カードを表すマークが領地につきます。剣のマークは現在獲得してる領地を意味しています。現在自分がピンクの領地を持っているので5点。相手は無色の4の領地を獲得しているので4点ということになります。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne04

 

では次はオレンジの4の騎士カードを無色の4の領地に置いてみましょう。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne05

 

置きました。相手の剣のマークが消えましたね。この状態は勝ち負けはなく互いに財宝を取っていることになり1点ずつの状態です。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne06

 

相手は3の騎士カードを置いてきました。今度はまた同じ4の騎士カードを置いてみましょう。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne07

 

騎士カードを置きました。4の騎士カードが2枚になり、今度はこちらに剣のマーク表示されました。この状態はこちらが領地の4点を取ります。しかし相手も騎士カードを1枚以上置いてありますので財宝を取ったことになり1点です。ピンクの領地は、こちらがピンクの領地の得点5点。相手は何も置いていないので0 点です。このように領地になにも置かないと1点も貰えないので不利になります。より広範囲に展開した方が点は高くなります。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne08

 

途中まで来ました。ちょっと強引ですが、この状態で現在の得点計算してみましょう。 

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne09_1

 

自分は1+3+1+1+1+5=12点

相手は2+1+1+5+5+1=15点です。

 

さて、色のついた領地は5点です。無色の中立領地は数値の得点です。

「無色の数の小さいほうの領地なんか取ったって意味がない」と考えがちですが、そうでもないんです。

ゲーム終了時、得点を計算するときは、無色の中立の領地の「小さい数字のほうから計算」していきます。

 

そして、ここでボーナス得点があります。

最初に2つ領地をとったらプレイヤーには「5点」が加算されます。

 

上の計算を見てください。

最初に1と3の領地を2つ取っていますから、こちらに5点が加算されるんです。

 

ですから実際の計算は

自分は1+3+1+1+1+5=12点(+ボーナス5点)=17点

相手は2+1+1+5+5+1=15点。

でこちらの勝ちです。

 

このボーナス5点があなどれなくて、これで勝敗がひっくり返ることがありますので、小さい数値の領地といえど無視はできないのです。

 

 

ゲームに戻ります。もう終盤です。

山札の騎士カードは無くなり、互いに手札の6枚のみ。

点数は自分が1+2+3+4+1+1+5+1+1+1=20+5=25点。相手が0+1+1+5+5+1+5+5+5=29点。4点差です。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne10_1

 

色の領地を4つも取られているのがかなり痛いです。しかし騎士カードを同数にすれば5点から1点に引きずり下ろせますから、ここは同数にすることに集中しましょう。

まずは2枚ある緑の1の騎士カードを緑の領地へ。 

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne12

 

あっ!緑の領地に上乗せされました。 

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne13

 

どうしましょう。ここで緑の1を置くことも出来ますが、1の領地を引き分けにされることもケアしないといけませんね。ここは後にして、赤の1を赤い領地に置いて引き分けに持っていきましょう。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne14

 

あっ!!また赤の領地に上乗せされました。もう赤の騎士カードはありませんからここは負けです・・・。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne15

 

仕方ありません。今度はオレンジの4の騎士カードでオレンジの領地を引き分けに持っていきましょう。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne16

 

あっっ!!!また上乗せされた。・・・・。くっ・。。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne17

 

とりあえず緑の領地を引き分けに持っていく騎士カードに最後の望みを託して、ピンクの領地の補強で騎士カードを置きます。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne18

 

やはり相手は1の領地を引き分けに持ってきました。ピンクの1の騎士カードを1の領地に置きます。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne19

 

あ。無色の4の領地を引き分けに持っていかれました。最後の望みの緑の領地の引き分けを狙います。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne20

 

最後の望み。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne21

 

さあ、すべての騎士カードを置き終わりました。得点計算です。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne22

 

先に2つの領地を取りましたからボーナスで5点が加算されます。王冠マークがつきます。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne25

 

領地のマークがそれぞれ取った領地です。騎士カードが置いてあったり、引き分けの場所は財宝のマークになっています。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne23

 

負けました。5点差で負けました。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne24

 

今度は作戦を変え、無色の中立領地は1つずつ置いて財宝確保だけにして、色のついた領地を徹底的に取りにいきます。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne27

 

とりあえず財宝確保終了。あとは色の領地取りに専念します。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne28

 

う。緑の騎士カードが切れました。無色の土地で2枚も使うんじゃなかった・・・。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne29

 

なんか妙にやられている感が・・・。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne30

 

負けた。また負けた。1点差で負けた。色の領地4つも取ったのに。ホントに勝てるんですか?これ。

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne32

Reiner Knizia's Knights of Charlemagne26

 

 

これと言った戦略も立てられず、ただただ負けました。

 

領地を取っていると5点。引き分けに持っていかれると1点という、この得点の落差が逆転を可能にしているんでしょう。色の領地をたくさん持っていても、引き分けにされた時点であっという間に転落です。

 

オマケに計24枚の手札で10の領地ですから、1つの領地に平均2枚程度。これではどの領地も安全な勝ちという場所が無く心配でしょうがありません。手札は8枚で他は山ですから、先の計画もそんなに立てられません。

 

 

もともとはこの「タブララサ」というゲームは、会話なし、相談なしの4人のチーム戦で行うゲームです。

仲間がその領地にその騎士カードを置いた意味を互いに理解して、うまく領地を取っていくというゲームなんですが、1人プレイのゲームになると面白さは減ってしまいますね。

 

全体的にあっさりしています。

どうせなら現在の得点をリアルタイムで表示したら、取ったり取られたりの臨場感が味わえるような気もしますけど。

 

あとこのゲームは最後の1手がものすごく重要です。そこで逆転することが多いです。

そして後攻が断然有利です。CPUは常に後攻です。ズルいですね。

 

頭をとにかく使うゲームです。

 

 

Reiner-Knizia's-Knights-of- 

  • ボードゲーム / ストラテジー / 対戦思考ゲーム
  • 価格 / ¥240
  • カテゴリ / ゲーム
  • バージョン / 1.1
  • 開発 / Conlan Rios
  • iPhone および iPod touch 互換
    iPhone OS 2.2 以降が必要
  • Battleline – A Reiner Knizia game
  • Reiner Knizia’s Robot Master
  • Reiner Knizia’s Kingdoms
  • Reiner Knizia’s Monumental
  • Reiner Knizia’s Lines of Gold

Comments are closed.

PAGE TOP ↑